ドイツ デュッセルドルフのクッキングスクールから 

在独40年+α デュッセルドルフのクッキングスクールでドイツ人に調理の基礎を教えております

Apfelstrudel  りんごのシュトルーデル



 

    Apfelstrudel

  りんごのシュトルーデル

 

 ウィーンのお菓子として有名です。

 

ドイツでも南ドイツの各地でその『土地』の焼き方があり、

その『土地』のApfelstrudelを味わうのも旅の楽しみの一つです。

 

   私の焼き方は

嫁ぎ先に伝わっている古い古い料理本に載っているもので、

 これでいつも焼いております。

 

 

 

ご帰国されてからも焼き続けてくださっている方から

 とっても嬉しいお便りをいただいたので、

  再度載せることにいたしました。

 

基本の分量は

粉150g

オイル大さじ3杯

お塩少々

ぬるま湯 80ml

 

   で、

これを混ぜて1時間ほどラップに包んでおいておきます。

 

  それを

粉を打った大きめのキッチンクロスでのし、

 

 

 

それを両手の甲で持ち上げて薄く伸ばしていきます。

 

 

 

 

薄く伸ばしたら用意しておいたフィリングを入れて

 

 

 

  

 布ごと持ち上げて形を整えます。

 

 

 

 

  これを天板に移し

 

 

 

 溶かしバターを塗って

170度のオーブンで40分ほど焼けば出来上がり。

 

 

 

生地を伸ばしたら手早く先に手順を進めた方が良いので、

 フィリングは先に作っておきましょう。

 

     フィリングには

 

   バター40gと細かいパン粉カップ1/4

ラムレーズン、もしくはお湯でふやかしたレーズンカップ半分

     お砂糖にシナモン

それに酸味のあるりんごとマイルドなお酢を少々ご用意ください。

 

 

 

 

 

まずバター40gを溶かしてそこにパン粉を入れてバターを吸わし、

  シナモンで香りを整えておきます。

 

 

 

 

 

皮をむいたりんごは芯をとってイチョウ切りにして、

色止めのためにお酢をちょろっとかけておきましょう。

 

 

 

 

 

 

   りんごはこちらの大きさのりんごで5個くらい。

これをイチョウ切りにしてリンゴ酢を少々かけてから

    レーズンを混ぜておきます。

 

 

生地を広げる前にバターを大さじ2杯くらい溶かしておきましょう。

 

生地を広げたら刷毛でそのバターを生地の上に塗って

        その上に

シナモン入りバターパン粉を上部を残して散らします。

 

   その上にフィリングを散らして

 

 

布を手前から持ち上げてくるっと包むだけ。

 

もしかしたら1回目2回目は成功しないかもしれないけれど、

  数を重ねるごとに上手になります♪

 

 

 

 

 

次回9月13日もしくは14日の日本語でのお教室では

 

    お鍋まかせのムール貝に

 

 

 

 

 

  ドイツのお菓子バウムクーヘンを焼き

 

 

 

 

  秋のビストロ風サラダをご一緒に作ります。

 

朝9時半からカールスプラッツ市場で当日の食材のお買い物をして、

徒歩1分のスタジオでお料理しませんか?

両日とも1〜2名様でしたらまだ余裕がございます。

質問、お申し込みは日本語専用メール

 

frankpetzchen@gmail.com

 

までどうぞ。

https://www.frankpetzchen.de/