ドイツ デュッセルドルフのクッキングスクールから 

在独40年+α デュッセルドルフのクッキングスクールでドイツ人に調理の基礎を教えております

フライパンでお魚一匹を焼くお話

f:id:ducky26:20200506034524j:plain

 

市場や、

ギリシャの食材を扱うスーパー、トルコの食材店に行くと、

新鮮なお野菜とハーブを山ほど買い、

ついでにお魚を買います。

 

ドイツ系のスーパーでは入手できないお魚も並んでいて、

特別の輸送法で来るのでしょうか、

昨日まで地中海で泳いでいたようなお魚たちはとっても新鮮。

 

尾頭付きですので、買ってから

あら・・・

変な匂いがする・・・

なんてこともほぼありません。

 

日本のお台所には、

こちらにない魚焼きグリルがついているのがほとんどです

が、

心配ご無用。

 

簡単にフライパンで焼いてしまいましょう♪

 

今日はこれ。

赤いカサゴの一種で、

フランスではブイヤベースに欠かせないお魚です。

 

まず、

お魚はウロコがついてるかどうか確認して、

お腹とエラの中をよく流水で洗います。

 

お塩を外だけでなく、お腹の中にもよくふって、

泳いでいたように立ててしばらく置いておきます。

 

f:id:ducky26:20200506180159j:plain

 

そうすると、

臭みが出てくれるので。

 

すぐに焼かない場合には

一匹づつキッチンペーパに包んで、

冷蔵庫。

もしあれば、

この時度数の強いアルコールを吹きかけておけば、

お魚が乾くのを防ぐと同時に細菌が増えるのも防ぎます。

これはプロの知恵・・

 

そしてお魚にさっとお粉をまぶし

焼くだけ↓

 

f:id:ducky26:20200506174941j:plain

 

この時、

中火でゆっくりと・・時間をかけるけれど手はかけない・・・

が、

お魚をフライパンで焼く時のコツ。

 

お魚は一回だけひっくり返しましょう♪

 

『魚は殿に焼かせよ餅は貧乏人に焼かせよ』

 

というの日本の諺が、この西洋のお魚にも通用します♪

 

フライパンから簡単に動く状態になったらひっくり返し、

焼けたかどうかは、胸びれを引っ張ってみて、

お腹からすぐに取れるようならOKです。

 

f:id:ducky26:20200506034529j:plain

 

ね?

美味しそうでしょ?

 

これにきゅうりやトマト、サラダ菜の類

そしてハーブも適当にザクザク刻んで。

 

レモン汁か白のバルサミコ、

そしてとっておきのオリーブオイルをかければ、

シンプルなサラダがあっという間に出来上がります。

 

f:id:ducky26:20200506034524j:plain

 

もちろんこの焼き方で

あとは大根おろしにお醤油バージョンでも大丈夫です。

 

Guten Appetit