ドイツ生活 デュッセルドルフのお料理教室から

在独40年+α デュッセルドルフの大手料理教室で講師をしております

赤いジャガイモ・ちょっと変わったマッシュポテトのお話 

#Stay at home :15日目

 

f:id:ducky26:20200331015749j:plain

赤い皮のジャガイモ。

皮は薄く、

中はホクホクのこのジャガイモは、

日本でも最近人気があるようです。

 

煮崩れしてしまうので、

カレーとかには向いていませんが、

この方法ですと、

皮ごと楽しめます。

 

f:id:ducky26:20200331015744j:plain

 

お水に入れてジャガイモを茹でる時に、

皮をむいたニンニクとローズマリー、

ローリエの葉っぱを一枚

そしてお塩を小さじ1杯くらい入れてみてください♪

 

もし、ニンニクがお好きでなく、

そしてハーブ類もないのなら、

固形キューブでも、

玉ねぎでも。

 

茹でるお水に香りをつければ、

マッシュポテトが一段とおいしくなります。

 

お水からジャガイモを入れて、

一度沸騰するまで待ち、

沸騰したら弱火で蓋をして

時間をかけて茹でれば、

ジャガイモの澱粉がもっと甘くなります。

 

もしニンニクがお好きなら、

 

f:id:ducky26:20200331015739j:plain

ジャガイモを茹でている間に、

小鍋の中で、

ニンニクのみじん切りとローズマリーを刻んだものを

少量のオイルで香りが立つまでじっくりと

火を入れておきましょう。

 

ジャガイモが茹ったら、

カップに1杯の茹で汁をとっておきます。

 

f:id:ducky26:20200331015928j:plain

 

お鍋の中の残りの茹で汁とハーブ類は捨て、

空になった、

まだ熱いお鍋にジャガイモと

一緒に茹でたニンニクを入れて、

余熱で5分ほど水分を飛ばしておきます。

 

水分が飛んだら

 

f:id:ducky26:20200331015920j:plain

 

木しゃもじでざっくりと潰します。

 

f:id:ducky26:20200331015916j:plain

 

マッシャーはいりません。

 

ニンニクのみじん切りに火を通しておいた小鍋に

クリーム類を入れて、

とっておいた茹で汁でのばします。

そして塩胡椒。

f:id:ducky26:20200331015735j:plain

 

クリーム類は、

先日焼いたチーズケーキの残りのクリームチーズがあったので、

それを使いましたが、

サワークリームでも生クリームでも。

 

f:id:ducky26:20200331015731j:plain

マヨネーズ系がいいならば、

茹で汁でのばした後にマヨネーズで調味されてみて下さい。

 

ビネガーオイルの場合には、

お好きなドレッシングを作っておいて、

茹で汁でのばせば、

とても香りが高くなります。

 

だってこの茹で汁に、

ジャガイモの香りもハーブの香りもついているのですもの。

捨てちゃうなんてもったいない。

 

そしてここに

木しゃもじで潰したジャガイモを入れて

ざっと混ぜ合わせれば出来上り。

 

f:id:ducky26:20200331015912j:plain

f:id:ducky26:20200331020012j:plain


お魚やお肉のソテーのサイドとして、

とっても向いています。

茹で汁を混ぜる時には、

あれ?これでいいのかしら?と思うくらい、

結構シャバシャバの方が美味しく出来上がります。

 

翌日残ったら、冷蔵庫に残ってるお野菜、

例えばズッキーニやトマトを薄切りにしたものと合わせて、

チーズをかけてオーブンへ。

 

このやり方で普通のベージュ色の新ジャガイモでもできます♪

新ジャガ以外のジャガイモでもできますが、

普通の色のジャガイモは皮が厚いので、

皮をむいてから茹でた方がよろしいかと思います。

 

3月16日から続くStay Homeはこれで15日目。

高齢の方やご病気の方を守るために

みんなでなんとか頑張りましょう!!