ドイツ デュッセルドルフのクッキングスクールから 

在独40年+α デュッセルドルフのクッキングスクールでドイツ人に調理の基礎を教えております

ドイツのクッキーのお話

f:id:ducky26:20191105030043j:plain



ドイツではクッキーはクリスマスシーズンのお菓子。

 

娘達がまだ家にいた頃は、

毎年11月1日の祝日はクッキーを焼く日と決めていて、

一日中クッキーを焼いたものでした。

 

色々な種類のクッキーを焼きましたが、

何と言っても一番人気はこの

 

Vanillekipferl

バニラキッフェル

 

バニラの味の三日月形のクッキーです。

 

『キッフェル』

 

というのは、

南ドイツからオーストリー方面での

 

クロワッサン形のパンや焼き菓子のこと。

 

そういえば、昔、

 

共産圏時代のブタペスト......

1970年代の終わりのお話......

 

ですが、

 

三日月形のロールパンの先っぽを切り

そこからパンの中をくりぬいて、

 

そこに茹でたソーセージを入れた

ホットドック状のものを、

 

『キーフリー』

 

と称して

道端で売っていたような記憶があります。

 

 

当時のウィーンのパン屋さんのクロワッサンは

層にはなっていない三日月形のロールパンのようなものでした。

 

みんな大好きクロワッサン。

 

実はこのクロワッサンの三日月の形・・・

 

ヨーロッパの歴史ととっても関係があるんです。

 

この三日月の形は

 

オスマントルコ帝国が、

神聖ローマ帝国のお城のあったウィーンを包囲して、ヨーロッパを支配しようとした時に、

 

神聖ローマ帝国が他国からの支援を受けて、反撃。

 

 

オスマントルコは完全に負けて、ヨーロッパから敗退しました。

 

 

その

オスマントルコが戦争に用いた旗には三日月が描かれており、

 

 

ウィーンの市民が

オスマントルコのヨーロッパからの敗退を祝って、

 

三日月形の焼き菓子を焼いて食べたことが始まりだそうです。

 

その後、

 

女帝マリア・テレジアの娘

 

『マリア・アントーニア』

 

がウィーンからフランスのルイ16世のところへ、

14歳でお嫁入り。

 

お嫁に行った時に名前をフランスでの呼び方に変えられ、

 

『マリー・アントワネット』

 

となって、

お城で毎日を過ごすことになったのですが、

 

やはり故郷のウィーンが恋しくて・・・・

 

 

寂しかったと思います。

 

まだ14歳だったし。

 

毎日泣いていたマリー・アントワネットを慰めようと

お城のお菓子担当の人が

 

「故郷では何が一番お好きだったでしょうか・・・」

 

と聞いたところ、

 

「三日月形の焼き菓子を食べたい」

 

とおっしゃったそうで。

 

 

そのお菓子担当の人がなんとか工夫して作ったのが

 

三日月クロワッサンの原型になったとか........

 

 

私が毎年焼くクリスマスのお菓子の中でも

 バニラキッフェルのクッキーは何より一番人気で、

作るそばからなくなります。

 

「あなたの焼くあのバニラのクッキーは、世界で一番美味しいわ」

 

なんて友人から言われると、

 

お世辞だとわかっていても調子に乗って焼き続け・・・・

 

袋に入れてご近所に配って歩くということが、

ここ数年、クリスマスシーズン例年の行事となってしまいました。

 

 

 

たくさん焼いて、袋につめて....↓

 

 

 

f:id:ducky26:20171220011615j:plain

 

 

冷たい雨が降る11月の日曜日、

 

まだ一足早いですが、

ジャズ系のクリスマスソングでもかけて、

クッキー焼きはいかがでしょう?

 

家中にとってもいい香りが立ち、幸せな気分になります♪

 

レシピ:

小麦粉 250g

アーモンド粉 100g

お砂糖 50g

お塩 ちょっぴり

バニラ 適量

冷たいバター180g

粉砂糖 適量

 

小麦粉とアーモンド粉とお砂糖とお塩とバニラとバターをよく混ぜて

 

f:id:ducky26:20171216011916j:plain

 

一つの塊にし

 

f:id:ducky26:20171216011911j:plain

 

長細くしてラップに包んで冷蔵庫で最低1時間寝かせます。

 

一晩置いておいても大丈夫です。

 

これを指で小さいボールを作ってから三日月形にして、

オーブンシートをしいた天板に並べます

 

f:id:ducky26:20171216011855j:plain

 

170度のオーブンの中段で10分〜12分ほど焼き、

 

焼けたら5分ほどおいて、

 

熱いうちに粉砂糖にまぶします。

 

 

f:id:ducky26:20191105025921j:plain

f:id:ducky26:20191105030003j:plain

 

 

本物のバニラの茎から中身を取り出して他のお菓子で使ったあと、

 

残った茎の部分をお砂糖の容器に入れておけば、

バニラの香りのするお砂糖、

手作りのバニラシュガーとなります。

 

ドイツはこの時期日も短いし、

毎日曇りだし・・・

 

なのでお家のキッチンで

楽しいことをして遊びましょう♪