ドイツ デュッセルドルフのクッキングスクールから 

在独40年+α デュッセルドルフの大手料理教室で講師をしております

Schwarzwurzel 西洋ごぼう

f:id:ducky26:20210211002105j:plain

 

ごぼうみたいだけれどごぼうでないこのSchwarzwurzel

 

f:id:ducky26:20210210011204j:plain

 

 

日本語のサイトにも食べ方がいろいろ載っていますが、

ほぼみなさんなされていらっしゃるやり方・・

 

だと、

ふにゃふにゃになってしまうと思います。

 

アクが強くて皮をピーラーで剥くのもぺちょぺちょで、

それが嫌でするゴム手袋とピーラーが張り付くくらい・・・

 

f:id:ducky26:20210210011213j:plain

 

 

ですが、とっておきの

対アク方法があります。

 

それはお酢!

 

 

ボウルに強めの酢水を作っておいて、

そこに皮を剥いたら片っ端から入れていけば変色もしません。

 

 

使ったピーラーは食洗機でどうぞ。

 

で・・・

 

茹でるとしたらやはり酢水で。

半分に切ったものと細いものを混ぜて3分くらいでOKです。

 

f:id:ducky26:20210210011222j:plain

 

 

でもこれ、使いたい形にカットしたものを

酢水に離しておいたものは、フライパンでも大丈夫。

 

私が一番好きな方法は、同僚のフランス料理マトロン講師のレシピ。

 

もし皮を剥いたときにもう乾燥し切っているものであれば

3分ほど下ゆでし、

まだ若いものであればそのままソテー。

 

いづれにせよバターをフライパンで溶かしたらそこにお砂糖。

カラメリゼしたらソテーして白ワインを投入。

か、オレンジジュース♪

 

もしあれば、

オレンジ1個の果肉と果汁をまとわせ最後にオレンジリキュールを。

 

f:id:ducky26:20210210023028j:plain

 

信じられないくらい簡単で、

信じられないくらいステキなサイドになります♪

 

 

f:id:ducky26:20210210023055j:plain





 

 

これ、

ハンバーグにもぴったり♪

 

f:id:ducky26:20210121185424j:plain

 

ごく普通のハンバーグが、よそ行きの顔になります。

 

 

 

明日は雨になるとかで、

今日で多分この雪景色も終わりかも

 

f:id:ducky26:20210211002122j:plain

 

そろそろ春が待ちどうしいですね。