ドイツ生活 デュッセルドルフのお料理教室から

在独40年+α デュッセルドルフの大手料理教室で講師をしております

カリブ海のチキンのお話 

#Stay at home :2日目

 

f:id:ducky26:20200315174648j:plain

Covit 19の影響で、いろいろと生活に変化が出て来た毎日かとも存じます。

その中。。。

 

いつもは時間に追われている毎日ですが、

ふと気がつくと

ゆっくり流れる時間がそこにあり。

なので、

普段はできないことをしてみたり。

 

というわけで、

かなり個人的なお話にはなりますが、

お許しを。

 

今日のヒットは数年前のレシピの再現でした。

 

旅行先で、

現地の方からお料理を教えていただくことを、

主人に言わせれば

『趣味』

 

私側からしては

『研修』

 

いづれにしても

忘れていたのがカリブ海。

 

マルティニーク島で

個人のご家庭でお料理を教えていただいたと時の一場面です。

 

 

f:id:ducky26:20200316031852j:plain

このマダムより、

カリブの家庭料理を教えていただきました。

 

バナナの説明をするマダムの庭には

 

f:id:ducky26:20200316031940j:plain

 

こんなバナナが実っています。

 

 

 

f:id:ducky26:20200316031928j:plain

f:id:ducky26:20200316031904j:plain

 

どこにでもある食材ですが、

力強いお日様に当たったお野菜は

個性の強いお味がします。

 

f:id:ducky26:20200316031916j:plain

 

レモングラスは東南アジアのものかと思いきや、

カリブでもお目にかかりびっくりしました。

 

いろいろ教えていただいたのですが、

やはりインパクトが強かったのがジャークチキン。

 

日本ではそれなりのシーズニングも出ているようですが、

ここではマダムから教えていただいたレシピで♪

 

必要なのは

 

シナモン

タイム

ローズマリー

オールスパイス

ジンジャー

ナツメグ

ガーリック

ベイリーフを細かくしたもの

をそれぞれほぼ同量

 

そこに。。

ライムの絞り汁

お砂糖

オイル

お塩

を適量混ぜてチキンをマリネしておきます。

 

お好きなら

チリを少々。

 

その時マダムは

レモングラス入りのラム酒も混ぜたりしていましたが、

それはそれ。

 

カリブでは

f:id:ducky26:20200315175514j:plain

 

こういうドラム缶を半分に切ったロースターで焼きますが、

ご家庭では、

マリネしたチキンを皮面のみフライパンで焼き、

耐熱容器にひっくり返して入れて、

それを120度くらいに温めたオーブンで中まで火を通せば

とっても美味しいカリブ海のチキンとなります。

 

f:id:ducky26:20200315014514j:plain

不思議なことに

ジャマイカをはじめとして

私が参りましたカリブ海の島々では

チリコンカルネに入れるようなお豆を入れて炊いたご飯が

このチキンにはつきものでした。

 

各国の知らないお料理がとても好きで、

来週実は。。。

中東オマーンの

シェフ養成講座に参加できるクッキングスクールを申し込んであったのですが、

全てキャンセルとなりました。。。

 

いろいろな憶測やデマ、ガセネタに惑わされず、

心静かに毎日を暮らせることを祈っております。