ドイツ デュッセルドルフのクッキングスクールから 

在独40年+α デュッセルドルフのクッキングスクールでドイツ人に調理の基礎を教えております

フェタチーズ ギリシャのチーズのお話

FETAチーズ、 フェタチーズはお豆腐みたいな形をしたチーズです。

f:id:ducky26:20190120185805j:plain

 

最近は日本でも売られるようになりました。

山羊もしくは羊のミルクから作るチーズですが、クセはほとんどありません。

日本の方は塩抜きをされるようですが、こちらでは塩抜きをせずに使います。

 

f:id:ducky26:20190120190357j:plain

 

これ、ハンバーグの真ん中に入れるとギリシャのお料理ビフテキになります。

ビフテキ? そう、Biftekiビフテキ。

まさに日本のハンバーグの形の中に、このチーズを入れて焼いたものとなります。

 

日本のレシピのハンバーグでも、おむすびの梅干しのように真ん中にこれを入れて焼くと、中からこのチーズがとろけて出てきてとても美味しいです。

 

それにしてもこの量。。。

いつもと同じ問題は『量』

 

お買いになったら、こうやって切って

 

f:id:ducky26:20190120190343j:plain

 

保存容器に入れて、ニンニクのすりおろしとローズマリーを一茎、そこにオリーブオイルをひたひたに。

 

f:id:ducky26:20190120191300j:plain

 

そうすればこのままでも赤ワインのおつまみに、またオムレツに入れても、ハンバーグに入れても。

ブレンダーでクリーム状にして、そこにワインビネガーかレモンで調味して、おしゃれなサラダのドレッシングにもなります。

 

チーズの表面にいつもオリーブオイルをかけておいてあげれば、冷蔵庫で2週間はもちます。

 

これ、フォークで練ってディップにもなります。

 ディップはとっても便利。

ディップを数種、レシピを見ないで作れるようにしておけば、おうちビストロもすぐにできます。

 ご主人がお帰りになったら、まずクラッカーでもパンでもディップをのせて、とりあえず何か口に入れてもらって、一杯のんでもらって。。

 その間、お夕飯を作れば夫婦円満。

 ドイツ語の諺、Liebe durch den Magen 『愛は胃を通して』むしろ、訳は『愛は胃から』の方がぴったりかしら。

頑張りましょう(笑)