ドイツ生活 デュッセルドルフのお料理教室から

在独40年+α デュッセルドルフの大手料理教室で講師をしております

北ドイツの郷土料理・卵と小エビのオープンサンド

f:id:ducky26:20210803180054j:plain

 

婿の家が北海の島Föhrに別荘を持っていて、

娘たちがそこへ遊びに行くとお土産に頼むのがNordseekrabben

北海の小エビです。

 

 

 

f:id:ducky26:20210803180114j:plain

 

殻付きだとよくわかりませんね・・・

 

殻を外したのですとご覧になった方やもう召し上がった方がいらっしゃると思います。

 

 

それがこれ

 

f:id:ducky26:20210803180104j:plain

 

ドイツ各地のスーパーで小さいパックに入って売られているエビがそれ。

 

カールスプラッツの市場のお魚屋さんではグラム単位で剥かれたものが売られています。

 

実は・・

 

パックに入って売られているものは北海で採れたのち、モロッコへ。

 

モロッコに工場があって、

そこで剥かれたものがパックされてドイツに戻るという仕組みになっております。

 

 

 Föhr島ではこれを専門に採る漁師さんが一人だけ残っていて、

内陸のレストランからの注文が殺到しているため観光客では入手が難しいそうですが、

そこはなんとか・・

というわけで、

アイスボックスに入れられて自宅まで参ります。

 

Föhr島はドイツ人に人気のリゾートSylt島の下にあります。

https://www.foehr.de

 

 

北海のこの小エビは天然のもので養殖ではないため、

その年によっては採れ高が少なく、ものすごく高級品となることもあります。

 

採れたらすぐにさっと熱湯を通したものがこれ

 

 

f:id:ducky26:20210803180114j:plain

 

桜海老と違い殻が硬いので、

シャコを向く要領でむきます。

 

結構大変なのですが・・・

 

f:id:ducky26:20210803180104j:plain

 

 

これをドイツ人は

薄く切ったライ麦のパンにスクランブルエッグ、

そしてその上に山ほどのせて食べるのが好き。

 

 

スクランブルエッグに小エビの組み合わせは

もしかしたら・・・

日本ではあまりないかとも思いますが、お試しになってください♪

 

 

f:id:ducky26:20210803180054j:plain

 

 

ドイツ人はライ麦パンは薄く薄く切ります。

 

そして山盛りのせたらパンは手に持たず、

フォークとナイフで切って口に運びます。

 

残った殻はオーブンで乾燥させてからミキサーで砕き、

スープにもなります。

 

 

f:id:ducky26:20210803192810j:plain

 

 

北海でバカンス・・・

 

 

f:id:ducky26:20210803194336j:plain



日本の海の波の音ザバーンザバーンもないですし

『海水浴をする』というイメージとはほど遠いですが

砂浜をブーツでお散歩し、風に吹かれて新鮮な空気をたくさん吸うと、

ドイツ人が憧れる気持ちがわかるような気がします。

 

という私は、

もう内面的にもドイツ人になってしまったのかもしれません・・