ドイツ生活 デュッセルドルフのお料理教室から

在独40年+α デュッセルドルフの大手料理教室で講師をしております

お家で焼けるライ麦パン Mein Hausbrot

f:id:ducky26:20210907170333j:plain

 

以前にご紹介したサワー種

 

https://dusseldorf.hatenablog.com/entry/2021/05/06/043514

 

粉とお湯だけなのに、

そこからできるサワー種はまるで手品のよう。

 

 

f:id:ducky26:20210419180253j:plain

 

 

空気中に存在する菌が育ててくれる酵母で焼くパンは、

焼いた後も毎日の変化が楽しめます。

 

ライ麦の分量が多いほど、

パンは薄く切るのがオキテ♪

 

スライサーで薄く切ったライ麦パンを

 

朝は

軽くトーストしてフレッシュチーズに手作りのジャムで。

 

夕方は

Kaltes Essen

もしくはAbendbrotとよばれるコールドなお夕飯・・

 

Kaltes Essenは直訳すれば 『冷たい食事』

Abendbrotは『夜のパン』

 

なので時として、

 

質素なドイツ人家庭の質素な『残り物ね』

 

日本の方に勘違いされるお夕飯ですが、

 

 

f:id:ducky26:20200610190651j:plain

 

サーモンやエビを入れた特別なデリ風サラダや

 

とっておきのハム&ソーセージと、そしてワインがあれば、

 

「あら、お夕飯はやっぱり温かいものが食べたいわ」

 

という

日本人のDNAも黙るオモテナシのお夕食にもなります♪

 

 

f:id:ducky26:20200610190647j:plain

 

 

ドイツ人の生活に欠かせないライ麦パン。

 

色々試行錯誤した結果・・

 

 

時間はかかりますが

とってもカンタンでとっても美味しい、とってもずくめのライ麦パンのレシピが落ち着いたので、

皆様にもご紹介いたしたいと思います♪

 

時間がかかりすぎるのでお教室ではできないし・・

 

 

f:id:ducky26:20210907170325j:plain

 

ね?

気泡もあって、パン屋さんから買って来たパンみたいでしょう?

 

 

全体の大きさも丁度よく、1週間を経過してもとてもおいしいこのパン。

 

ちょっと自慢のパンとなりました。

 

名付けて

Mein Hausbrot

 

f:id:ducky26:20210907170333j:plain

 

わたしのお家パン♪

 

 

必要なものは

 

前もって発酵させておいたサワー種 50g

ライ麦粉 (ドイツでは1150)  200g

全粒小麦粉           150〜160g程度

お塩               8g

 

これをボウルに入れて、

そこに90度の熱湯を200ml以上用意します。

 

まず180mlほどボウルにこのお湯を入れて全体を木べらで良く混ぜて、

木べらにちょっとついてくるくらいの柔らかさ?硬さ?に調整します。

 

これですとまだゴソゴソしているので

 

f:id:ducky26:20210321172146j:plain

 

もうちょっとお湯を足します。

 

でも、

足しすぎちゃってベチョベチョにならないように気をつけて♪

 

そしてボウルにフタをし、

 

50度に温めておいたオーブンに入れて、

もう一度50度になるまで待ち、オーブンを止めます。

 

ボウルはこのまま入れっぱなし。

 

そして最低12時間はそのまま火を止めたオーブンにほっておきます。

 

 

ですので、

 

 

例えば夜、

お夕飯を終えた後準備をしてそのままにしておけば、翌日焼けるという手順になります。

 

 

オーブンからボウルを出して、

折りたたんだ紙のオーブンシートにオイルをちょっとだけ塗って、

そこに生地を取り出し、手で丸く形作ります。

 

お水をたっぷりハケで塗って、

そこに分量外のお粉でお化粧。

 

オーブンを250度に温度設定し、

もしあれば、

鉄鍋をその中に入れてから焼きします。

 

 

自宅のは昔々のこの鉄鍋

 

f:id:ducky26:20210321173812j:plain

 

 

ル・クルーゼやストーブのお鍋でも同じようにできますが、

取手がオーブンに対応しているものだあるかどうかを必ずお確かめくださいね♪

 

 

オーブンが250度に温まったら、一緒に温めておいたお鍋にそっと紙ごと生地を入れ、

蓋をして、

オーブンに入れます。

 

入れたら230度に温度を落として40分。

 

蓋をとって、そこからまた20分・・・

 

 

f:id:ducky26:20210907170333j:plain

 

 

紙を外して網の上にのせて、

半日そのまま乾かします。

 

いただくのは1日経ってから。

 

つまり、

1日めの夜、生地を仕込み、

2日めの朝に焼いて、夕方まで網の上で寝かせておき

3日めの朝にいただく♪

 

という工程ですが、

そのパンは・・・・

 

 

ご近所中やお友達にちょっと自慢をしたくなる、自慢のパンとなります。

 

 

うちの養子のラクダのカスパーくん。

 

なぜこうなったかということのお話はこちらでどうぞ。

 

https://dusseldorf.hatenablog.com/entry/2021/03/23/180058

 

パパになりました♪

 

 

f:id:ducky26:20210907170913j:plain

 

動物園から送られてきた写真です。

 

新米パパのカスパーくん。

男の子ですって。

 

なんとなく自慢気のカスパーくんで、

それを可愛く思えるのも親バカかも(笑)

 

ラクダの赤ちゃんで、こんななんですね。

フワッフワ♪

 

動物園に会いに行かないと。