ドイツ生活 デュッセルドルフのお料理教室から

在独40年+α デュッセルドルフの大手料理教室で講師をしております

2021年・シュトーレンを焼いてみませんか? アフターコロナお教室再開のご案内

f:id:ducky26:20210222194247j:plain

 

 

2020年の春から

私たちにつきまとっている新型コロナウィルス・・

 

少しづつ、少しづつ

トンネルの先が見えてきました。

 

ドイツ語でのクラスもやっとやっと再スタートし

そちらは軌道にのりましたので、

日本語でのお教室も再開することにいたしました。

 

といっても11月なのですが。

 

実は

どうしても帰国をしなければいけない雑用があり、

1年半以上待っていたのですが、

いくら待っても収束しないので、

14泊15日間の隔離覚悟で今週末に帰国することにいたしました。

 

 

2週間の隔離プラス、雑用に必要な10日間、

そしてロングフライトの出入りを入れると

ほぼ1ヶ月の留守となり、

 

そして何かあった時の『その後の隔離』も考慮すると、

通常に戻れるのが10月末になるという・・・(涙)

 

という個人的な事情で、

お教室の再開は

 

11月2日 (火曜日)

11月3日 (水曜日)

 

朝9時半からです。

 

シュトーレンの発酵の時間にもよりますが、

だいたい4時間ほどを予定しております。

 

両日とも内容は同じで、

 

 

その内容は・・

 

ご予約を満席でいただきながら

コロナによる緊急事態でクローズとなってしまった・・・・(涙)

 

2020年11月のメニューをそのまま再現いたします。

 

毎年お馴染みの

 

『シュトーレンを焼いてみませんか?』

 

ですが、

 

シュトーレンをオーブンに入れている間に

 

秋冬の定番

 

カモの胸肉のソテー オレンジソース

 

そして

シーズンの根野菜のサイドを作りましょう。

 

 

これが手作りのシュトーレン♪

 

f:id:ducky26:20210103222526j:plain

 

 

生地から作るシュトーレンは

みなさまに一つづつご自分のを焼いていただき、

1本丸ごとのお持ち帰りとなります。

 

 

f:id:ducky26:20201022215503j:plain

 

f:id:ducky26:20201022215457j:plain

 

だいたい焼き上がりで

1本600グラム前後のシュトーレンとなりますでしょうか。

 

3週間くらい寝かせておいたほうが

味がしみて美味しくなるシュトーレン。

 

11月の初めに焼いておけば、

第1アドヴェントのティータイムに

 

『自分で焼いたシュトーレンよ』

と、

ご家族やお友達に振る舞えます♪

 

お問い合わせ、お申し込みは

日本語専用メール

 

frankpetzchen@gmail.com

 

私 アウミュラーまでお願いいたします。

 

先日

主人がクライエント様よりイタリアのトリュフをいただき、

意気揚々と帰宅してまいりました。

 

トリュフはやはりシンプルでいただくのが一番ですね♪

 

今日のお夕飯はパスタ。

 

f:id:ducky26:20210830181528j:plain

 

 

茹で上がりに

とっておきのオリーブオイルとお塩とパルミジャーノ、

そして

あとはトリュフを好きなだけ。

 

シンプルで、優雅なお夕飯となりました。

 

レストランですと

うやうやしく目の前で削って、それをグラム単位で測るという所作がありますが、

自宅ではそれはないですもの。

 

思いっきり楽しめます♪

 

*追記*

今日2021年9月13日現在、ドイツ政府とNRW州の方針により、クッキングスクールへの参加は3G証明(ワクチン接種証明or陰性証明or完治証明)の提示が必要となっております。

ご理解の上、ご協力をお願いいたします。