ドイツ生活 デュッセルドルフのお料理教室から

在独40年+α デュッセルドルフの大手料理教室で講師をしております

ドイツのほうれん草のオーブン焼き

f:id:ducky26:20210413014738j:plain



日本でも

ほうれん草はよくグラタン風のオーブン焼きになるみたいで、

それは

ベシャメル系で焼かれて出てくることが多いようです。

 

ここは大陸!

ゲルマン民族の土地!

 

 

なので、もっと豪快にいってみましょう♪

 

ここでご紹介するのは

これ以上、簡単なほうれん草のオーブン焼きは多分ないかもしれないという一品です。

 

 

このレシピは、私共が出版いたしました料理本にも載せました。

 

 

f:id:ducky26:20190923160830j:plain

 

 

 

何にでも合うのでどうぞお試しくださいませ。

 

 

ほうれん草はフレッシュなものを。

 

f:id:ducky26:20210413002929j:plain

 

 

でも、

ゴミがついているのでまず洗いましょう。

 

そして

 

 

ドイツのスーパーにあるパックに入ったほうれん草のものでしたら、

痛んでいる葉っぱは取り除きます。

 

トルコ系の野菜店にあるものでしたらザクザク切って

 

オリーブオイルを馴染ませた天パンに広げます。

 

そこにほうれん草。

 

そしてほうれん草の全体にもオリーブオイルを回し、

お塩。

 

 

この場合は

できるだけ細かい粒子のお塩の方がいいと思います。

 

 

お好みですりおろしたニンニクもどうぞ。

 

そのあと

パルメザンチーズをかなり大量に・・・

 

 

f:id:ducky26:20210413002951j:plain

 

 

適当にふりかけ・・

 

f:id:ducky26:20210413002951j:plain

 

高温に温めておいた

オーブンへ。

 

お肉やお魚が入っているオーブンでも構いません。

 

220度で15分というのがベーシックですが、

その辺はご配慮を。

 

孫達は

『しっとりしてな〜い』

とか言いますが、

 

大人には、

なんとクルミの香りもするとっても美味しいほうれん草のオーブン焼きとなります。

 

f:id:ducky26:20210413014431j:plain

 

 

日本でしたらオーブントースターでも焼けると思います。

 

 

f:id:ducky26:20210413014440j:plain

 

 

パルメザンチーズは

何年もので100グラムいくら売りの、うやうやしく披露するようなものではなく、

ごく一般の・・

 

ドライで袋に入って1ユーロくらいのもので大丈夫。

 

 

え?

っと思うくらいの美味しいほうれん草となります。

 

 

 

 

f:id:ducky26:20210413014738j:plain

 

 

 

おいしくて美味しくて、あっという間になくなるので、

2人で500gはご用意ください♪

 

 

これ、

とっておきのフランスパンと一緒に

ベジタリアンのメインでもOK。

 

『このほうれん草、なんだか乾いてる〜

おいしくな〜い』

とかいう子供達のためには、先日書きましたほうれん草のクリーム煮をどうぞ。

 

しめしめ、

敵が減ったぞ

 

というほうれん草となります♪

 

 

自宅の入り口、車寄せの、それも・・・

道に面する木に巣を作った鳩。

 

 

まだ頑張っています

 

f:id:ducky26:20210413020745j:plain

 

 

 

巣は、

こんな低木の中にあります

 

f:id:ducky26:20210413020735j:plain

 

 

この寒い中、そしてこんな低い中大丈夫かしら?

と、 自然の育みを見守る毎日です。