ドイツ生活 デュッセルドルフのお料理教室から

在独40年+α デュッセルドルフの大手料理教室で講師をしております

Currywurst クリーヴルスト その2

f:id:ducky26:20210221003043j:plain

 

ドイツのソウルフード

Currywurst  クリーヴルスト

 

 以前同じテーマで、

その由来とミシュラン2つ星シェフ Rosin氏のレシピを中心に書きました♪

こちらがそれ。

 

https://dusseldorf.hatenablog.com/entry/2020/05/04/183712

 

今回は、

自称Currywurst研究家の主人がいろいろとうるさいので、

彼の視点からのうんちくシリーズです(笑)

 

f:id:ducky26:20210221002030j:plain

 

なぜうるさいかというと理由がありまして・・

 

日本でも最近は

『カレーソーセージ』とか

『カリーブルスト』等、

メジャーになってきたらしいこのドイツのソウルフード。

 

 

その写真をネットで眺めているときに

たまたま主人が覗き込み、

 

夫「何これ?」

私「Currywurstだって。日本のサイトよ」

夫「え? こんなのないよ・・これは違うよ」

私「日本はいろいろアリなんだってば。いつも言ってるじゃん」

夫「ダメ。失格!  ブログに書いてよ、違うって」

私「いやよ、Currywurstはもう書いたもん」

夫「ドイツの大事な食文化だぞ」

私「・・・そんな言うなら自分で書けば・・・・?」

夫「日本には800万の神様がいるんだろ? 

  絶対Currywurstの神様だっているぜ。怒られるぞ」

 

 

ふう

・・・・

 

と言う訳でCurrywurstその2です(失礼)

 

 

f:id:ducky26:20210221001840j:plain



 

主人が言いたいことは、

 

その1:

 

Currywurstはナイフとフォークで切って食べないものなのだ。

 

あくまでもこれはフィンガーフード。

 

左手に容器を持ち、右手に持った一本のフォークで突き刺して食べるものであり、

そのため、焼いた後のソーセージは必ず一口大に切ってあるものなのだ。

 

お腹が空いて立ったまま、パクつくものが本来のCurrywurst!

 

おにぎりを箸では食べないだろう?

それとおんなじなんだ。

 

 

 

f:id:ducky26:20210221002019j:plain



 

だから1本まるごとお皿に乗っているソーセージに

ケチャップかかってるのはCurrywurstじゃあないよ。

 

チーズかけて焼いてあるなんて、、、もう、、オレは涙がでるぞ・・・

なんでそうなっちゃうのかなあ・・・(涙)

 

 

私「はい。書きました」(心中は・・・笑)

 

 

その2:

 

ドイツでもCurrywurst新興地域があり、最近の流行でドイツ全国区に広がったけれど、

 ヘッセンの田舎町とか南ドイツとかは、一昔前までなかったんだぜ。

 

だから、茹でるソーセージでCurrywurst作るなんて邪道ね。

 

CurrywurstはBratwurst、あくまでも焼いたソーセージだよ。

 

私「はい。書きました」(ひそかに・・・笑笑)

 

その3:

 

昔はパンが一枚ついてきて、それで残りのソースをつけて食べたけど、

今じゃフライドポテトが主流ね。

 

小さなボックスに入れる場合、気が利いているところは、

フライドポテトがソースでぐちゃぐちゃにならないように、

ソーセージの上に乗せるんだよ。

 

ほら、これが写真。

これも載せといてね。

 

私「はい・・・載せときます」

 

(そろそろ面倒・・

と私、心中では思っていますが、口には出さないところがエライと自分で褒める))

 

 

f:id:ducky26:20210221001853j:plain

 

 

 

よく見れば分かるだろ、フライドポテトの下に赤いのがあるのが。

そこにソースに絡んだソーセージが出番を待っているんだ。

フライドポテト愛が感じられるだろ?

すごいサービスだろ?

 

 

 

f:id:ducky26:20210221001850j:plain

 

私「・・・・・」

(じゃ、マヨネーズがドバッとかかってるのはなんなのよ? 

と言いたいところだけれど、その辺はじっとガマン・・)

 

 

その4:

 

ケチャップじゃないよ、Curry Sauceね。

あ〜・・

かわいそうに、この日本での写真、

甘ったるいケチャップに絡まれちゃってるじゃん・・

 

レシピも書いたら、みんな喜ぶぞ!

 

私「それはもうFrank Rosinのを書いといたわよ、前に」

 

 

・・・・・・

 

 

ま、

BIOの甘くないケチャップにカレー粉混ぜて、タバスコかけてもおんなじようにできるし、

前に時間がなくてそれやったけど・・・・

 

あなた、その手抜き見抜けなかったじゃん?

 

なんてことは主人には言いませんでした(爆笑)