ドイツ生活 デュッセルドルフのお料理教室から

在独40年+α デュッセルドルフの大手料理教室で講師をしております

アーモンドプードルお星さまのクッキーのお話

f:id:ducky26:20201016175051j:plain

お星さま一つ

プチんともいで、

こんがり焼いて、いそいで食べて

おーなか、こ〜わした♪

 

という歌が

 

NHKのみんなの歌という番組にありました。

 

お星さまのクッキー♪

 

残りの卵白とアーモンドプードルと粉砂糖、そしてシナモンでできるこのクッキーは

ドイツのクリスマスのお菓子としても有名ですが、

黄身だけが必要のお料理で

余ってしまった卵白を冷凍しておいたものでもできるので、

自宅では『残り物利用』のクッキーとなっております。

 

上に塗ってあるアイシングも卵白と粉砂糖を泡だてたものですが、

なくても大丈夫。

 

このお星さまなら、

お腹もこわしません♪

 

f:id:ducky26:20201019023132j:plain

 

白いお化粧なしでこのまま焼いても美味しいです。

 

中に入れるシナモンで、

家中がとっても良い香り♪

 

卵白1個で天板2枚分、70個・・・・

あっ、お星さまでした、

70星(笑)ほどできます。

なので、

もし量が多すぎるようならば

卵白を半分にして最初の半分でクッキーを焼き、

あとの半分を泡だてて、白いお化粧用にどうぞ。

 

基本のレシピ卵白1個ですと、

 

アーモンドプードル Süße Mandeln gemahlen / Madelpulver 250g

粉砂糖 Puderzucker 100g

シナモン粉 Zimt 小さじ1杯

もしあれば アーモンドリキュールのアマレット大さじ1杯

 

これをよーく混ぜて、

手にくっつかなくなるまでよーく捏ねて・・・

生地を作ります。

 

アーモンドリキュールを入れた場合は

生地が少し柔らかくなるので、

もしかしてもうちょっとアーモンドプードルが必要となるかもしれません。

ですのでちょっと余計にお買い求めを。

 

生地をキッチン台にばらまいた粉砂糖の上で5ミリくらいの厚さに伸ばして、

それを抜き型で抜くだけ。

 

別量の粉砂糖を小さな入れ物に入れて、

そこに抜き型を付けながら抜けば、

キレイに抜くことができます。

 

伸ばすのは、手で平らにしても大丈夫。

 

少し乾かしてからアイシングを刷毛で塗り、

150度のオーブンで10分ほど焼けば出来上がりです。

 

f:id:ducky26:20201019023127j:plain



 

10分後、

まだちょっと柔らかいかもしれませんが、

天板ごとオーブンの外に出してほっておけば、

固くなります。

 

もしアイシングが塗りにくいようならば、

レモン汁を落として調節されてみてください♪

 

f:id:ducky26:20201016175044j:plain

 

この生地にはバターは入ってないので、

とっても扱いやすいです。

 

小麦粉も乳製品も不使用ですので、

アレルギーのお子様にも召し上がっていただけます。

 

抜き型がなければ、

棒状に伸ばして、

ナイフで切って丸く焼いてもOK.

 

これからの時期、お天気が悪くて、

「ママ〜、つまんな〜い」

という時、

お子様とご一緒に、粘土細工の雰囲気でいかがでしょうか?

 

次のお教室の『シュトーレンを焼いてみませんか』

大きな方のスタジオで開催となります。

 

f:id:ducky26:20200817150224j:plain

 

ここのところまたCovit-19の罹患数が増えてきて、色々と制限が加わりましたが、

大きな方のスタジオは220平方あり、

全面総ガラス窓、およびキッチン台が準備用の台を含めて6台ということで、

本来ならば25名様〜60名様ご使用というスタジオを、

10名様までということで、市当局より許可がでました。

 

f:id:ducky26:20200817150215j:plain

 

ですので、1台のキッチンを2名さまのご使用でご一緒することとなります。

 

年内はこれで最後の日本語でのお教室。

 

これ以上制限が加わりません様に・・・・