ドイツ生活 デュッセルドルフのお料理教室から

在独40年+α デュッセルドルフの大手料理教室で講師をしております

アンズタケ・フィファリングのお話

f:id:ducky26:20180915172155j:plain

 

これが杏茸

アンズタケ。

日本ではフレンチのお台所から、

フランス語での名称

『ジロール』と呼ばれることもあります。

 

私たちの住むライン北西地方のドイツ語では

Pfifferling フィファリング

という名前ですが、

他の地域・・・

 

例えば南ドイツや旧東独のザクセン、

そしてフランクフルトのあるヘッセン地方、

またオーストリーやスイスを含めて、

その地域地域でこの茸は名前が七色変幻いたします。

 

Eierschwammerl か、Eierschwämmchen

そして

Reherl,  Gelberle、Gelchen・・・

というふうに。

 

地域で名前が変わるというくらい、

欧州の生活には切ってもきれない秋の味覚がこの

杏茸。

 

私たちの地域ではフィファリングというこの茸の、

なぜこの名前がついたかというと、

舌にピリッとした、ペッパー・・

そう、ドイツ語ではフェファーのような感触があったため。

 

日本語では杏茸という名前のとうり、

まさにアプリコットの色をしたこの茸。

 

わりと低い位置で生息するため、

きちんとお掃除しないとシャリシャリとゴミが舌に残ってしまうのが難点ですが、

この茸はお水に強いので洗っても大丈夫。

お水で洗っても、香りは逃げません。

 

日本では杏茸まで違うのでしょうか?

 

日本語のサイトで、

『杏茸は紙で拭く』とか書かれていらっしゃる方もいらっしゃいますが、

欧州でそれをしたら砂や土のゴミだらけ。

口中サファリパークとなり、

とても堪能できたものではございません。。。。(涙)

 

ですので、ここで

ドイツのレストランの厨房でのお掃除の仕方を暴露いたします♪

 

ビニール袋を用意し、杏茸と小麦粉を入れます。

 

f:id:ducky26:20180915172147j:plain

 

これをシェイクして、ヒダの中のゴミまで小麦粉を纒わらせます。

 

そしてこれを穴が大き目のザルへ。

そこに冷水でシャワーを浴びせれば・・・

 

f:id:ducky26:20180915172139j:plain

 

ほうらこのとうり♪

 

f:id:ducky26:20180915172131j:plain

 

ピッカピカの一年生♪ 

洗車したような杏茸に変ります。

 

この後、

キッチンペーパーでよく水分を拭ってからお料理♪

 

シュニッツェルと合わせたり・・

 

f:id:ducky26:20200811231309j:plain

 

リゾットにしたり・・・

f:id:ducky26:20180915172123j:plain

 

 

炊き込みご飯でもおいしいです♪

 

四季は日本のものだけで欧州にはないなんてとんでもない。

欧州には欧州なりの四季の味覚の楽しみがあります♪

 

簡単にご家庭でも、

季節の味をどうぞお召し上がりくださいね。