ドイツ デュッセルドルフのクッキングスクールから 

在独40年+α デュッセルドルフのクッキングスクールでドイツ人に調理の基礎を教えております

チコリのお話

f:id:ducky26:20190404034121j:plain


日本では、まだそれほどおなじみでないと思われますこのお野菜、

Chicoree

シコレーとドイツ人は発音します。

エンダイヴともいわれるこのお野菜は、

お隣、ベルギーが本場で、

今が旬。

 

スーパーでは

3個1組になって袋に入って売られているほか、

箱の中に入っていたりもします。

 

箱入り娘のようにされているのは、

光に当たると先端がグリーンになってしまうから。

 

グリーンになったとしても、

お味には変わりはありません。

 

ほのかな苦味が大人の味。

秋から食べ続けたお肉と、どっしりとした重たい黒いソースの後に、

苦味があるお野菜を体が欲するのは、

まさに薬膳の世界観かも。

 

レモンとの相性も良く、

そのまま刻んでサラダにもなりますが、

火を入れてもおいしく食べられます。

 

f:id:ducky26:20190923160830j:plain

 私どものクッキングスクールから

出させていただいたお料理の本にものせたこの一品

 

 

f:id:ducky26:20200127145733j:plain

 

メインにもなる、

とても美味しい一皿となります。

日本ではまだ入手が難しいお野菜とは思いますが、

同じように白菜でもできます。

 

f:id:ducky26:20190404034109j:plain

 

半分に切ってバラバラにならないように芯を切り取り

f:id:ducky26:20190404034055j:plain

オーブンにも入るお鍋に並べます。

f:id:ducky26:20190404034621j:plain

 

そこに生クリームをひたひたに注ぎます。

生クリームがなければ牛乳とひとかけのバターでどうぞ。

そしてお塩を

おっかなびっくりパラパラと。

コンソメの固形キューブとかを使ってしまうと、

お野菜の旨味が出ないので、

ここはお塩だけで。

 

これを火にかけ

f:id:ducky26:20190404034556j:plain

 

蓋をして、真ん中を押したときに柔らかい感触があるまで煮ます。

 

f:id:ducky26:20190404034608j:plain

 

このままでもおいしいですが、

ここに冷蔵庫に眠っている残り物のチーズをかけてグラタンにしても。

f:id:ducky26:20190404034544j:plain

f:id:ducky26:20190404034531j:plain

主人はこれにステーキを合わせるのが好き。

f:id:ducky26:20200127145733j:plain

 

食卓で、

みんなの見ている前で胡椒をミルで挽いたら、

ちょっと鼻高さんの

おうちレストランとなります。

 

余談ですが、

小学校の臨海学校の時に

 

チ チ コリ チ コ リサ ♪

リサリサ マンガン サンサ マンガン コンマン チェチェ♪

 

というのをみんなで歌いました。

なんの意味があったのか、

その歌の意味を教わったのかどうなのか、

さっぱり記憶にないのですが、

この歌に

振り付けもあったような気がします。

 

今から思えば、もしかしたら、

 

ちぇっちぇこれ

 

だったかもしれません。

 

いづれにしても、チコリを買ってきてキッチンで調理を始める時、

いつもこの歌を口ずさんでしまいます。

 

チ チ コリ チ コ リサ

リサリサ マンガン サンサ マンガン コンマン チェチェ♪